ヘタレ医学生ぶろぐ


再受験で医学部に入学し現在6年生です
by s_jyuken
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

松本城の紅葉

f0162720_17472085.jpgf0162720_17482494.jpg
































f0162720_17480923.jpg













 
 
 










昨日は松本城の紅葉の写真を撮りに行ってました。松本城の紅葉もなかなかですね。

7月から続いていた卒試はほぼ終わり、あとは総合試験を残すのみ。卒試長かったです。
卒試は国試を意識しているとはいえ、QuestionBankに出てこないような奇問難問の嵐なので卒試の勉強は国家試験の勉強とは別物となってしまいます。また、今年から追試/再試が廃止されたため、卒試の手を抜くわけにもいきません。このため、国試の勉強がおろそかになってしまい、時間を無駄に過ごした気がしてなりません。他大学と比較して卒試期間が長すぎるのが信大の国試合格率の低さの要因の一つでしょう。
やる気がある一部の人は卒試と並行してQuestionBankを解いていましたが、僕は国試の勉強は早々に諦めて卒試の勉強に集中。卒試は直近の「先輩の遺産」をしっかり覚えれば問題ない感じでした。

とりあえずひと段落したので部屋の大掃除。引っ越しに備えて要らないものを処分。2年生の時から取っておいた大学のプリントを全て廃棄できてすっきりしました。

9月末に受けた第2回TECOM模試
一般75.5%(ss57.3)
臨床79.5%(ss60.3)
必修88.5%(ss52.9)
総合ss 59.8
偏差値は夏より低下。
夏はTECOMの臓器別が一周終わった直後で知識が最高潮の時だったからか、周りが勉強し始めたからでしょう。1か月勉強しないと偏差値が10下がるという噂もあります。8月後半から2か月半国試の勉強をしていないので次の模試が心配。それでも偏差値40以上をキープできれば問題無いらしいけど。ボーダーは偏差値35ぐらい?必修は全く手つかずなのでそろそろやらなければ。
国試まであと3か月! 
    

  
   












[PR]
# by s_jyuken | 2015-11-09 18:17

医師国家試験まであと5か月

現在卒業試験中です。
卒試は3日勉強→テストといったサイクルで、追試/再試が無いため余裕をもった勉強が必要です。某外科では、テスト前には「落とすつもりはない」とのコメントがあり記述試験だったにも関わらず、12人(+1?)も落とされました。1科目でも落とせば卒留のリスクがあるため油断大敵です。先生の言う「落とすつもりはない」「難しくない」はあまり当てになりません。当面は卒試を無事に乗り切るのが目標です。

医師国家試験まではあと5か月ですが、卒業試験はあと2か月かかるので、実質あと3か月。現在までの勉強状況を記しておきます。
5年生時から、TECOMで勉強してます。といっても、テコムのビデオ講座はしっかり理解しながら見ようとすると15分で嫌になり、ノートを作るのも面倒なため、2コマだけ見て残りは放棄してました。その代わり、テコムの問題集を実習の合間に見てました。5年の間に臓器別の半分ぐらいをなんとか消化(汗)。クエスチョンバンクはフルセットで買ったものの使う余裕はなし。TECOMのビデオ講座は6年の春休み(3月)から観はじめました。一日0.5~1コマぐらいのペースで観ていってこれまでに100コマぐらいを消化。臓器別はほぼ観終わりました。臓器別以外は全く観ていません。ノートはコピーを入手し、必要な部分を書き足して使用。

春メック模試 (3月受験)
一般 71% (ss55.9)
臨床 68% (ss55.9)
必修 77%
総合ss 55.5

夏メック模試 (8月受験)
一般 76% (ss63.9)
臨床 78% (ss59.7)
必修 92% (ss67.3)
総合ss 62.4

第一回テコム模試 (8月受験)
一般 84% (ss64.7)
臨床 85% (ss63.5)
必修 90% (ss58.5)
総合ss 64.1

TECOMのビデオ講座の効果があったのか春から夏にかけて偏差値は上昇。TECOMお勧めです。
ビデオ講座を観てノートを作るのは大変ですが(僕はコピーを利用)、覚えなければいけないことをコンパクトにまとめることができるため、復習にとても便利です。ビデオ講座を使えば知識を体系化することができ、今後出題が予想されるところの説明もあるのがgoodです。また、MTMさんは常に必修を意識した説明をしてくれます。

卒試後から国試までの3か月は、TARGET/サマライズに1か月、必修公衆衛生対策に1か月、過去問5年分と模試(7回分)の復習に1か月、といった感じになりそうです。このため、復習をする時間が少なく、テコム動画は5年生の時に見ておくべきだったと反省中です。余裕があればクエスチョンバンクもやりたかったけど、必修、公衆衛生ぐらいしかやる余裕は無さそうです。
もしこれを見ている5年生以下の人がいるなら、ビデオ講座は5年のうちに済ませておくことをお勧めします。また、今のところレビューブックやYEARNOTEは使ってません。あると便利だとは思いますが、無くても困りません。教材はTECOM/MECのビデオ講座だけでほぼ事足りますが、病気が見えると解剖の本はたまに参考書として使っています。わからないことはGoogle先生に聞けば大体解決するため、気になった時はスマホで調べてます。
 
  
   
    

  



[PR]
# by s_jyuken | 2015-09-12 01:19

卒試の始まり

4月の外病院の産婦人科でのアドクリの実習に引き続いて5月6月も実習をやってました。

5月は大学の精神科。
実習の拘束はほとんどなく、穏やかに過ごせました。
拘束は朝8時と夕方17時の申し送りと火曜日のカンファ回診のみ。
それ以外は完全自由だったので、家に帰ったりして自由を謳歌してました。
感謝。


6月は大学の救急科。
朝7時に病院に行ってカルテを見て、そこから昼までずっとカンファと回診。
午後はER対応や勉強会、研究会などdutyがたくさんあり、それなりに忙しかったです。
救急はいろいろな症例があって飽きることが無いのがいい点だと思いました。
研修医には厳しいみたいですが、学生には優しくしてくれました。


先週末はAdvanced OSCE。
4年の時のOSCEと違ってその場で判断しないといけないため、いろいろテンパります。
質問や診察をスムーズに行えず、かなり挙動不審だったかも(笑)
鑑別をいろいろ考えて、それに沿った問診と身体診察をしないといけませんでしたが、
頭が真っ白になって診察ではほとんど棒立ち状態でした。危うく落ちるところだったので、
もっと鑑別と診察がぱっと浮かぶようにしなければ。
それと、採点基準に医者っぽい態度があるらしいので、挙動不審ではだめですね。


今週一週間は公衆衛生の授業。
サクセス公衆衛生を買って、授業を聞かずに内職。
そして来週からはいよいよ卒試に突入。
まずは公衆衛生から。その後は整形、形成歯科口腔、皮膚科、外科と続きます。
テスト慣れしたのもあって緊張感はあまりありませんが、追試が無いため
落としたら一発で総合試験卒留コースです。
各科目で下から10人に入るとやばいかも。
卒試は夏休みをはさんで11月半ばまで続くので
メンタルを折らずにコツコ勉強するのが大事ですね。


近所の豆腐屋さんが豆腐のコンテストで日本一になったので買ってみました。
日本一旨い豆腐を決める品評会in京都
日本一と思って食べてみると味わい深いような。
f0162720_17544332.jpg
[PR]
# by s_jyuken | 2015-07-03 18:22
以前の記事
記事ランキング
メモ帳
検索
タグ
カテゴリ
最新の記事
初期研修スタート
at 2016-04-03 09:30
その他のジャンル